行政書士試験の直前期

行政書士試験直前。どのように過ごしたらよいのでしょうか。
この時期は、どうしても不安感や焦りがでてきます。


特に、勉強が思うように進んでいない人や
模試などで結果が出ていない人はそうでしょう。


しかし、あれもこれもと手を広げすぎるのは絶対にやめるべきです。
今さら新しい基本書や問題集などを買ってきても、効果は得られません。


かえって自分の不安な気持ちを増大させるだけでしょう。
今までの自分がやってきたことを信じて、
本試験では絶対に大丈夫だと強い気持ちを持つことが大切です。


今までやってきた過去問の復習や模擬試験などで
間違えてしまったところなどを繰り返しやることが大切です。
法令科目などは特にそうしてください。


ただし、LECやTACなどの資格予備校によっては、
直前期に「本試験予想講座」などがあります。


今年狙われ安そうなポイントや予想問題を解説してくれる講座です。
どうしても、気になるという人は、そういった講座を利用するのもいいのかも知れません。


私も直前期にはそういった講座を受講しました。
もちろん、あくまでも予想ですし、気休め程度、復習のつもりで受けました。


試験会場までの道のりやかかる時間、受験票などの有無は当然しておいてくださいね。
試験当日にあわてないためにも必要なことです。
タグ:行政書士
posted by 行政書士模試2016 at 00:00 | 合格体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。