伊藤塾の行政書士模試2016年

2016年受験向けの伊藤塾行政書士模試







本番前に質の高い予想問題を解いておきたい方には
バック模試がおすすめです。

posted by 行政書士模試2016 at 17:07 | 行政書士模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士予想模試問題集(2015年)

行政書士予想問題集2015年版



▲TAC行政書士講座
問題3回分がそれぞれ取り外し式になっています。答案用紙付き。




▲LEC東京リーガルマインド
こちらも本試験と同形式の予想問題を3回分掲載。











posted by 行政書士模試2016 at 17:06 | 行政書士模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平均的な勉強時間について

行政書士試験に合格するためには、どれくらい勉強すればよいのでしょうか?
有名な通信講座のパンフレットを見ると標準的な学習期間は6ヵ月とされています。
ただ、これだと1日何時間やればいいのかわかりません。


私の感想としては(体験上)、まったく勉強をしたことがない人が合格するためには、
約350〜500時間くらいは必要かなと思っています。



仮に、500時間だとした場合、1日2時間を約8ヵ月強勉強することが必要
(2時間×30日×8月=480時間)ということになります。
8ヵ月が長いと感じるか短いと感じるか人それぞれですが・・・・。


もちろん、個人の能力の違いや学習経験
(すでに大学などで法律を勉強したことがある人)
などによってその必要時間は違ってきます。



また、500時間勉強したとしてもその中身が重要であることは言うまでもありません。
ダラダラ勉強をしても意味がありませんし、
短時間でも集中してやれば効率よく勉強することができます。
あくまでも500時間というのはひとつの目安です。



ちなみに、資格学校などでは、いろいろなパターンの学習計画でスケジュールが組まれています。
時間がたっぷりとれる人向け講座、あるいは、
時間がなく短期間で合格を目指す人向け講座などに分かれています。



不安な点や疑問点などがあれば、事前に確認することが大事です。





タグ:行政書士
posted by 行政書士模試2016 at 15:26 | 合格体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士試験の直前期

行政書士試験直前。どのように過ごしたらよいのでしょうか。
この時期は、どうしても不安感や焦りがでてきます。


特に、勉強が思うように進んでいない人や
模試などで結果が出ていない人はそうでしょう。


しかし、あれもこれもと手を広げすぎるのは絶対にやめるべきです。
今さら新しい基本書や問題集などを買ってきても、効果は得られません。


かえって自分の不安な気持ちを増大させるだけでしょう。
今までの自分がやってきたことを信じて、
本試験では絶対に大丈夫だと強い気持ちを持つことが大切です。


今までやってきた過去問の復習や模擬試験などで
間違えてしまったところなどを繰り返しやることが大切です。
法令科目などは特にそうしてください。


ただし、LECやTACなどの資格予備校によっては、
直前期に「本試験予想講座」などがあります。


今年狙われ安そうなポイントや予想問題を解説してくれる講座です。
どうしても、気になるという人は、そういった講座を利用するのもいいのかも知れません。


私も直前期にはそういった講座を受講しました。
もちろん、あくまでも予想ですし、気休め程度、復習のつもりで受けました。


試験会場までの道のりやかかる時間、受験票などの有無は当然しておいてくださいね。
試験当日にあわてないためにも必要なことです。
タグ:行政書士
posted by 行政書士模試2016 at 00:00 | 合格体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年行政書士


2015年受験向けの行政書士模試や
各資格学校のおすすめ直前講座を書いています。

直前期の勉強法や私自身の合格体験談なども
できるだけ書きますので期待してくださいね。

あと、行政書士試験の参考になるサイトやブログ、予想問題集なども
併せて紹介したいと思いますので、
気になる方は参考にしてみてください。

posted by 行政書士模試2016 at 14:20 | 行政書士模試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。